日本の三大都市のひとつである愛知県の名古屋市には、観光スポットがたくさんあります。新幹線の主要駅でもあり、東から西からも観光客が訪れます。市内の観光名所に行く手段として地下鉄や市内をめぐるバスが走っていますが、車を借りるという方法もあり、市内にはたくさんのレンタカーの店舗もあり便利に利用できます。そこで市内の観光名所と、格安の店舗にはどのような店舗があるのか紹介をしましょう。

観光スポットにはどんなところがあるか

まずはなんといっても「金のしゃちほこ」で有名な名古屋城です。老朽化のため天守閣は2018年の5月をもって閉館していますが、資料から忠実に復元した木造の天守閣を建設中で2022年12月には開館予定です。徳川秀忠と家光、家茂の3人のみが宿泊に利用をした本丸御殿は一部公開されています。2017年に80周年を迎えた、東山動物園も人気のスポットです。

地下鉄東山線の東山公園駅から徒歩3分の所にあり、全国2位の入園者数を誇っています。動物園と植物園かあり550頭の動物と7,000種類の植物が展示されていて、広い敷地と四季折々の景色がより人気を呼んでいる観光スポットです。港周辺を周遊できる水上バスも人気で、水族館と金城ふ頭にあるリニア・鉄道館とレゴランド、ワイルドフラワーガーデンの3か所が拠点となっています。それぞれの拠点で降りてこれらのスポットを見学し、また水上バスに乗って次の拠点に行くという観光ができます。年間約700万人の参拝客が訪れ毎年6月5日に熱田まつりが開催される熱田神宮と、桶狭間古戦場の街並みを回ることもできます。

古戦場には今川側陣だった徳川家康が兵糧入れをした大高城址や合戦で重油な役割を果たした鳴海城址などが見られます。

観光地巡りをする交通手段

他にもノリタケの森やトヨタ産業技術博物館などたくさんの観光スポットを有する名古屋で、これらの場所を回る方法としては地下鉄や市内をめぐるバスに乗るという方法があります。観光名所を巡るバスに「なごや観光バスメーグル」というバスを利用すれば便利です。駅のバスターミナル11番乗り場から出ていてトヨタ産業技術博物館からノリタケの森、四間道からお城、徳川美術館やテレビ塔などを巡ってまたバスターミナルに戻ってきます。

地下鉄は東山線と名城線、名港線など6路線があり、ナゴヤドームや大須観音、東山公園など観光名所に近いところに駅がある場合も多くて便利です。また地下鉄を利用すると栄などショッピングに便利な繁華街の利用もしやすくなります。そのほか観光地巡りには名港を周遊する水上バスを利用するという方法もありますが、レンタカーを借りればもっと自由にいきたいところに行くことができます。

繁華街よりも水族館や東山動物園、桶狭間古戦場などに行くときは駐車場もあって移動しやすい車の利用が勧められます。愛知までは新幹線や飛行機などで移動したとしてもそのあと、県内や市内を自由に移動できる車があれば便利です。

格安のレンタカー業者

格安の会社にバジェットという会社があります。アメリカで創業した世界的に有名な会社で、全世界においては1600店舗、そのうち日本の国内に130店舗を有しています。愛知県内には23店舗もあり、軽自動車から高級車まで幅広い車種を用意しています。

随時キャンペーンを実施していて、webから予約をすれば25%オフで利用できるのも魅力的です。JR名古屋駅桜通り口から徒歩5分の所に店舗があり、カーナビとETC車載器が標準装備の車を貸し出していて、チャイルドシートやベビーシートも選択が可能で、一番安ければ3,000円代で借りることが可能です。全国どの都道府県にもある日産は日産車種の最新や人気の車を借りることができ、乗り捨てをすることも可能です。桜通り口にも店舗がありキャンペーン模様行っていて、ペット可の車も用意できます。

Jネットという会社は全国に125店舗あり、メーカーに関わらず豊富な車種をそろえています。料金の支払いで航空会社のマイルがたまったり、会員登録によって楽天ポイントもたまります。急に必要となったときも利用の1時間前までなら予約ができるので便利です。Jネットは、チャレンジ精神とお客様満足度を重視する会社です。

まとめ

全国から観光客が新幹線や飛行機などで来ることができる地域で、観光スポットもたくさんあるところです、移動手段としては地下鉄やバスがありますが、自由に好きなところに行ける車での移動も勧められます。

レンタカーの店舗も豊富にあり、格安なところやお得なところもあるので、そのような店舗を利用して気楽でおとくな観光地巡りをするのもよいでしょう。名古屋のレンタカーのことならこちら