Skip to content

世界遺跡が数多くある、インドへのツアー

インドには32個ものユネスコの世界文化遺産があります。

文化遺産以外にもガンジス川を中心にした人々の生活を見たり、デリーなどの都会を散策したりと見どころ満載の国です。しかし、個人旅行で訪れるには注意が必要な国です。欧米諸国と比べると治安はあまりよくありませんし、日本人は普段衛生的な環境にいますので飲食物にも注意が必要です。

特に、日本人が注意したいのが詐欺やスリ、強引な客引き、ストリートチルドレンや子連れ女性の物乞いです。英語、時には上手な日本語で巧みに話しかけてくる詐欺もいます。また、ペットボトルで販売されている飲料水も安心して飲んではいけません。海外有名メーカーの使用済みペットボトルに衛生的ではない水を入れて販売しているケースもあります。

インドは国土のあちこちに文化遺産が点在していますので、添乗員が案内してくれるツアー参加も検討すると良いでしょう。白い玉ねぎ型をしたタージ・マハルはムガール帝国の遺跡です。時の皇帝が亡き妻のために建てたお墓であり、世界文化遺産になっています。イスラム様式の美しい建築物で、日本人にも人気の遺跡です。

デリーからは車で3時間ほどかかりますがツアーだと安心して訪れることが出来ます。綺麗に施されたレリーフや象嵌細工など細かな見どころも豊富な遺跡です。さらに足をのばす必要がありますが、アンジャダ石窟群も世界文化遺産の一つでインドの仏教遺跡です。ここの石窟寺院にはいくつもの壁画や石像があり、芸術的にも優れていて保存状態も良いです。個人旅行だと多くの世界遺産を巡るのは大変ですが、旅程の組まれていツアーであれば可能です。興味のある世界遺産を訪れられるプランを調べると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *