Skip to content

志賀高原のスノボ情報

スノボで長野県にある志賀高原スキー場に行く場合、上信越自動車道の信州中野ICから25~30kmの距離にあり、6200台が駐車できる無料駐車場があるので車で行く場合も安心できるほか、電車で行く場合も長野新幹線の長野駅から直通バス約70~90分の距離にあり、レンタルなどの施設も充実しているので、あまり荷物を持たなくても行く事ができます。

志賀高原スキー場の特長として、大小19のスキー場の集合体で、全体の広さは425haあって日本最大級のスキー場となっていて、国立公園の1500m級以上の山並みにあるので雪質が良く、5月上旬まで滑る事ができます。ゲレンデは、55基のリフトと80以上のコースで構成され、初心者用や子供向けコースの緩傾斜の幅広いゲレンデや、林の間を滑走する中級者コース、上級者用のダウンヒルの激しい急傾斜のコースまで様々なコースがあり、1日では全てのコースを滑りきれない広さがあります。

また、最長滑走距離は4000mで最大斜度は36度となり、コース比率は初級が45%、中級が40%、上級が15%で、初心者から上級者まで幅広くスノボを楽しめるほか、ナイター施設もあるので21:00までスノボを満喫する事ができます。

各旅行会社では、志賀高原のスノボツアーなども企画していて、交通費やリフト券などがパックになっているので安価で行く事もでき、スキー場周辺には様々な宿泊施設があるので、日帰りの他にも宿泊でも楽しめます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *