Skip to content

宿泊を目的で尾瀬に行く時に持っていくべきものとは

ニッコウキスゲや水芭蕉の群生を見ることができるのが尾瀬の醍醐味です。

さらに、季節に応じて色々な高山植物を見ることができますし、秋になるとモミジやナナカマドなどの紅葉に加え、草モミジと呼ばれている草原の草木が枯れて茶色に染まる光景を見ることができるのも魅力の一つになっています。雪解けシーズンを迎える5月上旬頃からシーズンはスタートして、10月の中旬頃までがシーズンとなります。この間には多くの人々が訪れることになりますが、1度来た人は翌年も来たい、こうした魅力を与えてくれるのも尾瀬の特徴と言えましょう。

尾瀬をより楽しむためには山小屋への宿泊がお勧めです。山小屋派登山を行う人々のための宿泊所でもあり、街中にあるようなホテルとは違って豪華さはありません。しかし、1日の疲れを癒してくれる食事や尾瀬の山小屋はお風呂もあるので疲れを取り除いてくれるなどの魅力もあります。一般的なホテルなどでは歯ブラシやタオルなどの備品は部屋の中に用意が行われていますが、山小屋にはこうしたサービスがありませんので、宿泊をする時には歯ブラシやタオルなどの準備は必要です。

他にも、懐中電灯や耳栓、アイマスクなども眠る時に役立つものとなるので、可能な限り用意しておくと良いでしょう。懐中電灯は消灯時間後や早朝にリュックの中を整理する時などにも使えますし、暗い時間帯から行動する時などは足元を照らしてくれるので便利です。尚、懐中電灯はヘッドライトを用意しておけばリュックの中を整理する時にも便利なのでお勧めです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *