Skip to content

尾瀬の宿泊は山小屋泊りとテント泊りの何れか

尾瀬に出掛ける人の中には日帰りで楽しむ人もいれば、色々な場所に出向く目的で宿泊を行い、2日以上の日程で訪れる人など様々です。

人によっては尾瀬は日帰りで行く場所であり、一泊することなどができない場所、こうしたイメージを持つ人も多いようです。確かに、山の中は人間が生活するような場所ではないわけですから、宿泊ができるなどのイメージを持たない人も多いわけです。しかし、当エリア内には24か所の山小屋と呼ぶ宿泊施設が用意されており、事前に予約を行っておけば泊まることができるようになっています。事前予約で泊まれるなどは、街中にあるホテルと同じ、温泉地などにある旅館と同じイメージを持つ人も多いことでしょう。

しかし、山の中にある施設は一般的なホテルや旅館などとは異なり、1つの部屋の中には、尾瀬に訪れている様々な人々が寝泊りする、深夜までテレビを見たり、本を読むなどができない場所です。尾瀬の山小屋は、午後9時には消灯になるので、以降の時間は寝る、もしくは談話室を使って他のメンバーとの会話を楽しむなどの時間を過ごすことになります。

また、尾瀬には山小屋以外にもキャンプ地が用意されてる場所もあるので、テントを持って行くことでテントでの宿泊ができるなどのメリットもあります。テントの場合は機材を背負って行くことになりますが、他のお客さんのことを気にすることなく、時間を過ごせるメリットがあるなど、テント派と山小屋派に分かれています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *