Skip to content

尾瀬に宿泊する方法及びポイントについて

尾瀬国立公園の中や周辺に宿泊する人は多いです。

そこを訪れる場合には、日帰りで利用する人もいますが日程がややあわただしくなる傾向があることから泊りがけで利用する人が多い傾向があります。拠点となるのは、群馬県側では戸倉温泉のあたりとなります。そこは温泉地であるため、多くの観光客が泊まりに行きます。福島県側の場合は、御池と呼ばれるエリアか沼山峠が拠点となります。

戸倉温泉を利用する場合は、比較的お盆などの時期でないならば空き部屋が見つかりやすい傾向があります。もちろん、空き情報の問い合わせなどは必要ですがそこが取れれば、温泉があるため山歩きをする前にゆったりと疲れをいやしておくと良いです。ただ、御池・山の鼻・竜宮十字路などに点在する山小屋に泊まる場合には、空き情報を事前によりしっかりと確認しておくようにします。場合によっては、かなり前から予約をとらないと空き部屋が見つからなくなることも考えられますので余裕のある計画を立てておきます。

尾瀬に宿泊するときのポイントは、マナーを守り自然環境の保護に協力するということです。夜遅く鳴る前には予約をした山小屋に入って、そこでゆっくりと身体を休めるようにします。尾瀬の山小屋に宿泊する人の中には、中には至仏山などの山登りの拠点として活用する人もいます。その場合に夜明け前から登る人も中にはいますが、暗くなっている道は昼間と比べてルートを間違えやすいことや足元が滑らせやすいため充分に注意して登山をするようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *