Skip to content

旅行先でスノボーと温泉を楽しむことができる

スノボー初心者の場合一日滑ると疲れで体力がもたない場合もありますが、旅行先を工夫すると温泉も楽しむことができます。

長野県と新潟県の県境にある斑尾高原スキー場には天然温泉に入浴できるホテルが存在し、入浴すると疲れを癒すことができます。赤みを帯びた塩化物泉の湯となり、冷え性や筋肉痛に効果があると考えて間違いありません。疲れているのに無理に滑ってしまう場合もありますが、初心者無料レッスンが1日3回開催されているため、参加すると無理することなく滑ることができます。

リフトは11基設置されコースは31コース存在し、丁寧に圧雪された初級者コースを利滑ることができます。初心者向けのゲレンデが約40パーセント占めているのは野沢温泉スキー場ですが、スノボーを行うための旅行先としてお勧めです。長野県下高井郡野沢温泉村に位置するスキー場となり、ゲレンデやコースの数が36種類も存在し、子供から上級者まで楽しむことが可能です。スキー場であると同時に長野県有数の温泉地でもあり、村の中には外湯と呼ばれる13の公衆浴場が存在し、自由に温泉に入ることができます。

野沢温泉村と同じように温泉街が充実しているのが新潟県妙高市に存在する赤倉温泉スキー場です。100パーセント天然雪となり、パウダースノーを体験することが可能です。14基のリフトが設置されコースは17本存在し、初級者向けの木々に囲まれたエレガントコースを滑ることができます。コースを滑ると負傷する場合もありますが、赤倉温泉は傷の湯と称される名湯で、傷を癒すことができます。炭酸水素塩泉と硫酸塩泉がかけ合わさった複合泉で美白効果や美肌効果もあり、肌美人の湯とも称されています。スノボーを行うだけではなく美肌を手に入れることができる旅行先としてもお勧めです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *