Skip to content

敏感肌を改善するための化粧品とは

敏感肌は肌のバリア機能が弱くなり、刺激をうけやすくなる状態になります。そのため、肌がひりひりしたり、赤みやかゆみなどの症状になりやすいのです。この肌のバリア機能は加齢や乾燥などの影響で、角質が水分を十分に保持できなくなることにより、弱くなってしまうのです。敏感肌を改善するためには、セラミドが多く配合されている化粧品を使用することがよいでしょう。

角質の水分の約半分はセラミドなどの脂質であるといわれています。また、お肌のバリア機能が低下することにより、コラーゲンやヒアルロン酸なども減少しやすいです。こういったコラーゲンやセラミドなども配合されている化粧品を使用することで、ハリのある潤い肌をつくることができます。乳液のようなさっぱりとしたタイプよりもクリームやワセリンなどの脂分が多い化粧品のほうが、潤いを逃がさず、しっかりと肌に蓋をしてくれます。

その他、配合成分はシンプルなものがよいでしょう。配合成分が多いことで、お肌への刺激が強くなる恐れもあるからです。敏感肌の改善のためには、正しいスキンケアをおこなうことが重要になります。化粧品は保湿成分が多いものを使用し、界面活性剤などの刺激になるような成分を極力抑えることが大切です。

また、ゴシゴシと強く擦るのではなく、優しく抑えるようにつけるようにしましょう。外からのスキンケアと同時に内側からもケアも重要です。規則正しい生活や睡眠、バランスのとれた食生活をおこなうとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です