Skip to content

敏感肌の化粧品の選び方

ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌は一度なってしまうとその症状からなかなか抜け出すことができません。化粧品も選び方に気を付けないと刺激となってしまうので、注意が必要です。敏感肌は外部刺激によって、かゆみやヒリヒリを感じる肌の症状で、本来なら肌に備わっているはずのバリア機能が低下していることが原因で起こります。もともとの体質の場合もありますが、ほとんどの場合、加齢や間違ったスキンケアによって肌にあるセラミドという成分が失われてしまうことによってバリア機能が弱まります。

肌のバリア機能を回復させて敏感肌を改善するためには、セラミド配合の化粧品で不足したセラミドを補ってあげる必要があります。セラミドは油溶性なので、化粧水よりも美容液やクリームに多く配合されていることが多いです。セラミド配合の化粧品を選ぶ際には、美容液やクリームなどを選ぶようにしましょう。また、スキンケアアイテムだけではなく、メイクアップ化粧品の選び方にも注意が必要です。

できることならメイクを控えたほうが良いのですが、軽度の敏感肌の場合は、選び方に気を付ければ問題ありません。特にファンデーション選びに気を付ける必要があります。ファンデーションはリキッドやクリームタイプではなく、パウダータイプを選びましょう。リキッドやクリームにはパウダーよりも界面活性剤が多く含まれるため、敏感肌には刺激となりやすいのです。

また、落としやすいファンデーションを選ぶことも大切です。洗浄力の弱い洗顔料だけで落とせるような軽い付け心地のものを選びましょう。敏感になってしまった肌も正しい化粧品選びをすることで改善することができます。できることから始めて潤いのある健やかな肌を目指しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です