Skip to content

ビタミンC誘導体配合の化粧水の効果

美白したいという時に重要なのが紫外線対策と美白効果のあるスキンケア用品を使用することです。中でも人気の美白成分がビタミンC誘導体です。ビタミンCは安定性が悪く、化粧水や化粧品などに配合するのが難しかった成分ですが誘導体化させることによって酸化しにくく肌に浸透しやすくなっています。ビタミンCには、活性酸素を抑えることのできる抗酸化作用とメラニンを還元する作用、コラーゲンの生成を促したり、新陳代謝をスムーズにする作用、皮脂分泌をコントロールする効果などを期待することができます。

つまりこの成分が入った化粧水などを利用することにいよって美肌効果を得られます。ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性、両方の特性を持つものがあります。化粧水として利用する場合には、水溶性と油溶性の両方の性質を兼ね備えているアプレシエという成分が入っているものがオススメです。ただし、この成分は皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。

そのため乾燥肌の人が使うことによって必要な皮脂分泌の量も減ってしまい余計に肌が乾燥することで、肌のバリア機能が低下してしまい肌が敏感になってしまうことも考えられるため注意が必要となります。使用する場合には肌の状態を確認しながら利用したり、保湿成分のある美容液と組み合わせるなどの使い方をすると良いとされています。また、濃度が濃いビタミンC誘導体はその分刺激が強くなってしまうため、必ずパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。ロダン&フィールズのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です