Skip to content

化粧水にビタミンCを薦める理由

化粧水にはビタミンCを配合していることが薦められますが、これはビタミンCに美白の作用が期待できると言われるからでしょう。しかし、ビタミンCが直接肌を白くするのではなく、様々な働きかけをした結果として狙える効果です。まず、肌は紫外線を浴びることが多く、それだけ肌細胞が酸化しやすくなっています。酸化することによって、肌の新陳代謝サイクルが乱れたり、肌細胞のダメージの原因を生みます。

ビタミンの中でもCは、抗酸化作用が高く紫外線ダメージに強い肌を育てたり、回復させたりする作用が期待できます。さらに肌の生まれ変わりが順調になると、古く黒ずんだ角質を毎日の洗顔で取り除くことが簡単になるため、美白効果が期待できると言われるようになりました。また、ビタミンCは肌をふっくらとさせるコラーゲンが内側で生成されるためのサポートをしています。コラーゲンの減少によって肌の弾力が失われると、毛穴が目立ち、しわやたるみなどのエイジングサインを引き起こすようになるでしょう。

そこで、化粧水を使いコラーゲンの元になる成分を補給することが推奨されています。インナーケアとして内側から補給するのも効果的ですが、全てが肌に効果を発揮するのではありません。化粧水を使用すると、気になるところへダイレクトに成分を届けられるのがメリットです。無添加の化粧水でもビタミンCを保存料や防腐剤代わりに使用することがあります。

化粧水の品質を維持するほどの効果があるので、肌への作用にも期待が集まります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です