Skip to content

皮膚科の抗生物質が効かないニキビもある

皮膚科でもらった薬というと、内容はよくわからないけれども万能に見えます。しかし、抗生物質はあくまでも菌を退治する薬です。毛穴に詰まった皮脂の中でアクネ菌が暴れまわると、赤ニキビという炎症性のニキビになります。赤ニキビはアクネ菌が原因で起きているので、これに対しては抗生物質は効果を発揮します。

つまり、菌を殺して無害にすることで、炎症を鎮めるということです。それに対して、炎症を起こしていない白、黒ニキビには抗生物質は使ってもあまり意味がありません。この2つは、毛穴に皮脂が詰まって、出られなくなっている状態です。ここではまだアクネ菌は悪さをしていません。

つまり、抗生物質を使っても、そもそも取り除く原因の菌がいないということです。場合によっては、抗生物質の影響で皮膚にいる常在菌が死滅して、肌トラブルの原因になることもあります。皮膚の常在菌は腸内細菌と同じで、悪玉もいれば善玉もいます。抗生物質はどちらの菌も殺してしまう可能性があるため、善玉菌が死んで悪玉菌の勢力を強めてしまうこともあるということです。

白、黒ニキビに対しては、毛穴詰まりを解決するのが治療になります。皮膚科でもらった薬だからといって、無闇につければ良いということではありません。もらった薬の種類がわからないならば、薬の成分表示表を見たり、薬剤師に相談してみると良いでしょう。また、早い段階ならば市販の薬の方が効果が出ることもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です