Skip to content

ニキビには過剰な洗顔は控えめに

顔にニキビができたら、女性としては心も落ち着きません。そこでやりがちなのが、何回も顔を洗ってしまうという行動です。ニキビができるのは、肌の汚れが落ちていないからとか、毛穴汚れが行けないからという理由で、念入りに洗顔をしすぎてしまうパターンです。実は、この過剰な洗顔こそが、改善を妨げてしまう落とし穴でもあるのです。

ニキビ改善には、お肌を清潔な状態にすることは、とても大切なことです。しかし、思いが強いあまり、1日に何回も顔を洗うと、必要な潤いや皮脂まで洗い流されて、お肌は乾燥します。乾燥した状態だと、肌荒れは治りにくくなってしまうのです。洗顔をするのに、汚れをキレイに落とそうとして、強い力でこするのもマイナス要因となります。

皮膚を傷めることになりますし、余計に皮脂を落としすぎてしまいます。過剰な皮脂分泌は調整が必要だとしても、皮膚にもある程度の皮脂量は必要になってきます。また、皮膚への強い刺激は、肌負担が大きくなるだけです。ニキビを改善したいのであれば、洗顔は通常通り、朝とよるだけで構いません。

その分、洗顔料にこだわってみたり、正しい洗顔をすることに心がけることです。合成界面活性剤の成分を含まない、肌にも優しい洗顔料を選ぶことです。それだけでも、必要な皮脂の落としすぎを防いでいくことになります。洗顔をする時には、よく泡立てた状態で、肌に使用することです。

すすぎも、しっかりと行いましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です