Skip to content

正しいニキビケアについて

ニキビが顔にできるととても目立つので憂鬱な気分になりますね。皮脂腺の多い場所には全身どこにでもできるのですが、顔は特に皮脂腺が多く活動も活発なので、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰めてしまい、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こしニキビが作られます。気になって手で触ったり潰したりすると炎症が肌の奥深くまですすみ、最悪の場合クレーター状の跡が残ってしまう危険性があるので、絶対に刺激を与えない様に気を付けましょう。自分でできるケアは、毎日の洗顔と化粧品を使ったスキンケアです。

泡だてネットを使い刺激の少ない洗顔料をたっぷりと泡だててから、顔を優しく洗って下さい。泡で毛穴の中を洗うイメージで洗い、擦り洗いは厳禁です。ニキビのできている部位は泡を乗せるだけでも十分です。洗顔料が残らない様にぬるま湯でしっかりとすすぎ流し、優しくタオルで押し拭きした後、すぐに保湿をして下さい。

保湿で使用する化粧品は、皮脂の過剰な分泌を抑え肌の再生力に働きかけるビタミンC誘導体や抗炎症効果の高いグリチルリチン酸二カリウム、イオウなどが配合された化粧品を選ぶと良いですね。乾燥もニキビの原因になるので、時間をおかず保湿をすることを心がけましょう。毎日のスキンケアと合わせて、生活習慣を見直し睡眠時間を十分に取り、甘いものや脂っこい食べ物を控え、野菜や果物中心の食生活にすると、肌のターンオーバーが整い次第にニキビが改善されて目立たなくなってきますよ。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です