Skip to content

ニキビには大きく4つの段階がある

ひと口にニキビといっても、種類は大きく分けて4パターンほどあります。軽度の白いニキビから始まって、黒いタイプに赤いタイプ、黄色いタイプへと移行していきます。黄色くなったら段階は重度と心得ましょう。膿が溜まってしまっている段階になります。

健康なお肌は、皮脂の分泌量がバランスよい状態です。皮脂バリア機能も正常であるため、外部よりの刺激からも、大切な皮膚を保護することができます。水分が蒸発しないように、守ってもくれている状態です。しかし新陳代謝が乱れていったり、皮脂や角質が毛穴に積もっていくと、環境は肌荒れしやすくなっていきます。

角栓や皮脂が詰まってできてくるのが、初期段階に登場する白ニキビです。白っぽいので、肌の色とあまり変わらず、最初はそれほど気にもなりません。しかし、このままケアしないと、今度は酸化が始まり黒ずみが起きてきます。この次にやってくるのが黒ニキビです。

毛穴の入口はふさがっていますし、良い状態とは言えません。そしてやってくるのが、赤くなる症状です。アクネ菌が増殖してしまい炎症を起こしてしまいます。赤く腫れるだけではなく、痛みも伴う厄介な状態です。

活性酸素が発生しやすくなっていて、細胞を守ろうとしてメラニン色素が生成され、色素沈着もしやすくなります。最後の段階では、黄色くなります。膿を持っているため、黄色い色に見えます。こうなるとクレーターとなる可能性も出てきます。

ここまでのレベルになる前に、正しいケアで対処をしておくことです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です