レンタカーと言うと一時的に一般車両をレンタルできるシステムのように考えている人が多いかと言えますが、実は福祉車両のレンタルも可能となっています。レンタカーで福祉車両を借りることのメリットは、車いすや体の不自由な人であっても気軽に旅行に出掛けられたり、病院に通院するために乗車できる、という点です。そのため、何らかのハンディキャップがある人でも行動範囲が大きく広がるのが魅力です。また、レンタカーで借りられる福祉車両にはさまざまなものがあり、例えば車いす仕様車やサイドリフトアップシート車などが挙げられます。

ほかにも助手席リフトアップシート車やサイドアクセス車、後席回転スライドシート車、助手席回転スライドシート車などもあります。そのため、利用する人のさまざまなニーズに合わせた福祉車両をレンタルすることが出来るのが特徴です。借りられる車両の詳細などは、直接店に問い合わせるかWEBサイトなどで確認することが可能です。借りたい車両がある場合には、事前にきちんとチェックしておきましょう。

さらに、料金などもWEBサイトでは確認することが出来ます。また、会社によっては割引制度が設定されている場合があります。この割引には福祉割引制度もあり、これを利用する際には、身体障害者手帳や療育手帳などを提示する必要があるので注意しましょう。もしも、レンタカーで福祉車両を利用するのであれば、こういった割引制度を使えばお得に利用できることを知っておくと便利だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です