福祉車両とは、高齢化者や障害を持ってる方が使いやすいように様々な配慮がなされた車両のことです。福祉車両は大きくわけて電動車イスや運転補助装置つきの車など、高齢者や体に症状がをお持ちの方が自分で運営できる自操式と歩行が困難な方や寝たきりなど体の不自由なかたを移送するときに利用去れる介護式②わけられます。その他にノンステップバスや入浴巡回車、福祉タクシーも含まれます。介護福祉車両の種類は回転式シート型、車イス型、寝台型、リフトつきバスなどがあります。

福祉車両はレンタカーがあります。もっていれば日々の生活面が充実し、活動範囲も広がります。介護式が多いですが自操式も取り扱っているところもあるそうです。レンタルであれば、ふつうのレンタカーと同じ仕組みなので安く上がります。

レンタルする車両の大きさなどで、料金が変わるため、乗る人数などをしっかり確認してからレンタカーを予約するといいでしょう。突発的なことには対応しにくいため、きちんと計画を立てて借りましょう。福祉車両のレンタル料金は装備や大きさによってことなります。キャンセル料金も発生するため、しっかりとした体調管理が必要です。

キャンセルをしてしまうと、基本料金の50%がかかってしまいます。長い休みの時期は台数が限られているため、レンタル出来なくなる場合があります。通常のように飛び込みでレンタルすることがむずかしくなります。汚したクリーニング代をとられる場合があります。

名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です