どこか旅行に行くことを計画しているときや一時的に体の調子が悪くて必要となる福祉車両ですが、一般のレンタカー会社で借りることができます。すべてのレンタカー会社においてあるというわけではないため、予め電話をして確認を取っておくと良いでしょう。福祉車両にも様々な種類があります。車いすのまま乗り込むことができるタイプから、助手席が動いて乗り降りしやすい物まであります。

電話でレンタカー会社に確認するときには、どのようなタイプの福祉車両が必要なのか具体的に伝えることも大切です。うまく情報伝達ができていないと必要な機能がついていない車両を準備されてしまうこともあり得ます。また、全員で何人乗りたいのか、車両の機能を何人の人が使うのかも大切な情報です。車いすでそのまま乗り込むことができるタイプには、車いすの人は一人のみのものであったり、3~5人程度乗ることができるものもあります。

予め何人の人が乗り込むのかも考えておく必要があります。注意事項としては、ストレッチャーのまま乗り込むことができるタイプの福祉車両を探す場合です。ストレッチャーのまま入ることができるタイプはなかなか使用する頻度も少ないためレンタカー会社においていない場合が多いです。ストレッチャーのまま入ることができるタイプを借りたい場合には、あちこち連絡して確認する必要が生じ、もしかしたらレンタカーではなく介護タクシーとして活用することになるかもしれません。

名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です