体の不自由なお年寄りや、車いす利用者にとって、外出、移動はなかなかハードルの高い問題です。かなりバリアフリー化も進んできましたが、まだ公共交通機関だけで行きたいところにスムーズに行く、というのは大変です。公共交通機関が都会ほど張り巡らされていない地方ではなおさらです。そうした場合に便利なのが、車いすのまま乗れたり、乗降に補助装置の付いた福祉車両です。

しかし、毎日外出するわけでないのに、特殊な装置もついて割高になってしまう福祉車両を個人で購入する、というのは、大変ですし、非効率でもあります。そんなときに便利なのがレンタカーです。今は大手であれば、ほとんどのレンタカー業者が福祉車両をラインナップに加えています。しかも、車いすのまま車両後部に乗り込める車いす仕様車から、後部座席が電動で回転して車外にスライドダウンしてそのまま乗り込めるタイプの車、助手席がスライドする車など、さまざまなタイプの車が用意されています。

そして、多くのレンタカー業者が標準車と同額で貸し出す設定になっており、さらに身体障害者手帳か療育手帳を持っている人が運転、あるいは同情する場合は割引する特典を用意している業者もあります。スポット的な利用にも便利ですが、旅行のように長期の利用の必要がある場合もあります。こうした需要に備えて、1週間の契約をすると、大幅に料金を割り引く、という制度を用意している業者もあります。レンタカーの活用で外出の機会を増やすことは、体の不自由なお年寄りや、車いす利用者にとって、大切なことといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です