身体に何らかの障害を抱えていたり、加齢などで足腰が弱ってしまっていたりすると、ついつい出かけるのが億劫になりがちです。介護をする人にとっても、身体が不自由な人との外出には困難が付きまといますので準備などにも時間がかかってしまうでしょう。そこで身体が不自由な人を遠くへ連れて行くような場合は、福祉車両をレンタルするといいでしょう。福祉車両といえば病院や介護施設で使われるものというイメージがありますが、実は個人でも利用することができます。

多くのレンタカー会社でも福祉車両を取り扱っており、何か用事があるときなどには簡単な手続きで利用することができるのです。福祉車両を購入するとなると購入費用はもちろん、税金や車検費用も考慮しなければいけません。しかしレンタカーだと購入、維持費用が不要ですので非常に経済的です。家に閉じこもりがちでいると、本人はもちろん、介護をする側もストレスが溜まり、豊かな生活を送ることが難しくなります。

気分転換も兼ねた小旅行などで気晴らしができるのであれば、心の健康も取り戻すことができるでしょう。ただし福祉車両のレンタカーは台数が限られており、店舗によっては用意していないところもありますので注意が必要です。確実に利用したい場合は事前に電話などで確認し、予約を入れておくといいでしょう。料金については一般の車と同額のところがあるほか、各種の福祉割引が適用できることもありますので、その点についても確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です