病院などのデイケアーサービスでは福祉車両を使われていますが、経費削減のためにレンタカーを使用する傾向が非常に強くなっています。デイケアーサービス独自で福祉車両を購入すると自賠責保険や任意保険の他にも車検などで様々な費用が必要になるために、意外と高額になる傾向があります。しかし、福祉車両のレンタカーを借りることで維持費は燃料代のみで済むために年間を通すと結構安くすることが可能です。レンタカーはガソリンスタンドでも行っているために気軽に車両を借りることができます。

福祉車両をレンタルする場合にはレンタル会社との契約が必要になりますが、車両はレンタル会社になっています。万が一、事故に合った場合にはレンタル会社が対応するために、速やかにレンタル会社へ連絡をすることが求められます。その場合には保険もレンタル会社の保険を使用するために、利用者側には一切の負担がかかりません。レンタカーをレンタル会社へ返す場合には燃料を満タンにして返す必要がありますが、これは、最低限のマナーと言えるでしょう。

レンタル会社によっては、車両を返すときに入れる燃料はレンタル会社で入れる場合もありますが、その場合には燃料を入れないで返すことが可能です。また、燃料を入れるガソリンスタンドが指定されている場合もあるために、レンタカーを借りる場合に確認することが必要です。しかし、福祉車両は長期に渡ってレンタルする場合がほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です