足の不自由な方など、介護の必要がある人を乗せるための車として、福祉車両があります。福祉車両は車いすに座ったまま車に乗り込めるように板が出てくるなどし、車いすを車内へリフトアップしてくれます。ですからほとんどの車がワゴンタイプの背が高い車種となります。それから自分でドアの開け閉めをせずに自動で開閉ができるスライドドアの採用であったり、障害者の方が手間で出かけたくなくなったりしないよう、工夫が施されています。

そんな福祉車両を普段は使わないけどたまに利用したいという方は、レンタカーを利用すると一番経済的で、普段家に置いておく必要もなく、維持費もかからないため便利です。料金はだいたい6時間で7000円から1万5000円程度になります。これは車の車種によって値段が変わり、大きいもの程値段が高くなります。両親とたまの旅行に出かけたり普段は大きい車に乗りたくないという人にはとっては、買う事もせずに必要な時だけ乗れるレンタカーサービスですから、かなり有り難いシステムとなります。

家の前の道幅が狭くて車通りが激しい時など、運転に自信がない人でも道さえ間違わず慣れれば運転する事ができます。オプションとして基本的にETCの挿入口、カーナビがついてきます。チャイルドシートはついていないものもありますから、小さい子どもがいる場合は事前にチェック、もし大それた事をしてレンタカーを借りるなんて、恥ずかしく悲しい事です。連タカーは安全運転で利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です