現在さまざまな自動車メーカーから福祉車両が販売されていますが、日頃から使用するのではなく、旅行など何かしらの目的のためだけに使いたいのであればレンタルが便利です。全国各地のレンタカー会社では一般の乗用車だけでなく福祉車両も取り扱っており、特別な手続きをしなくても通常のレンタカーを借りる場合と同じような感覚で福祉車両をレンタルすることができます。福祉車両をレンタルする場合でも、料金や手続きに関しては特に大きな違いはありません。ただし店舗によっては取り扱っていないところもありますので、事前にホームページや電話などで確認しておいたほうが無難です。

またレンタカー会社ではインターネットから予約できるサービスも実施されていますが、福祉車両をレンタルする場合はネット予約が不可能としている会社も存在しますので、その点についても注意が必要です。さらに数や仕様にも制限がありますので、どのようなタイプのものを取り扱っているのかについても事前に調べておいたほうがいいでしょう。料金については福祉目的での使用となるため、消費税が非課税となります。しかも障がい者割引が適用されるケースもありますので、一般的な乗用車をレンタルする場合よりも金銭的な負担は軽減されます。

身体が不自由だとどうしても家にこもりがちになりますが、気分転換のためにも外出は有効です。レンタカーをうまく活用して、介護する側もされる側も心身のリフレッシュをおこないましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です