中古車を購入する際、失敗しない方法として多くの情報を得る事が重要となり、方法としては中古車情報誌やインターネット、中古車販売店などで得る事ができます。中古車情報誌は、人気車種が優先して掲載される傾向にあり、掲載枠が限られているので、年式や走行距離など必要最小限の事しか得る事ができないです。インターネットは、掲載枠が限られていないので、基本的な情報の他に装備品やオプション品なども掲載されている他、多くの写真も掲載されているので、詳しい事が把握できます。また、問い合わせなどもメールなどを使って簡単にできるので、優良店などは掲載していない写真なども送ってもらえる場合があります。

中古車販売店は、実車確認がその場でできるので、コンディション以外の全ての情報を得る事ができ、シートの具合やアレンジ方法、視界性、乗降確認など、実際に使う事をイメージしてみる事ができます。また、実車確認する際、事故車の場合は告知する義務がありますが、店側で把握していない場合は自分で調べる必要があり、ドアやトランク、ボンネットなどを開け、取り付けているボルト類が新品の状態であれば交換した可能性が高いので注意します。さらに、悪質な販売店は、2台の事故車を繋ぎ合わせて1台の車に仕上げ、修復歴を隠蔽して販売し、車検を受けようとした時に車体番号と車検証が異なり問題になったケースがあるので、購入する場合は車体番号と車検証の確認を行うようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です