中古車を購入する際には、その中古車のコンディションに関する情報を少しでも多く知ることが重要です。まずは、年式や走行距離、修復歴の有無などの基本的な情報があります。昔は走行距離を改ざんする業者もあり問題でしたが、今もないとは言えません。素人ではこの走行距離の改ざんがあったかどうかを判断することは難しいので、信頼のおける販売店から購入するしかありません。

また走行距離不明の中古車もあります。メーターはあっても、それが確かかどうかわからない場合に、走行距離不明とします。非常に古い中古車に多いですが、購入する側としてはとても不安になります。それでもそのクルマが購入したい場合は、試乗して最低限エンジンの調子を確かめるようにしましょう。

次に、点検整備の記録簿から情報を知ることができます。記録簿には、これまでどのような点検を行ったのか、その結果どのような修理や部品交換を行ったのかなどを知ることができます。一回も点検したことがなければ真っ白な状態ですが、普通は車検その他でディーラーや自動車工場に入れたことがあれば、記録が残っているはずです。中古車を選ぶ場合、この記録簿が残っているかどうかは一つの判断材料になります。

ただ、ディーラーで整備点検を行わないと、自動車工場独自の記録簿に記録することもあり、記録簿そのものの信憑性がやや曖昧な点もあります。そのため記録簿があるからすべて安心とも言いきれないのですが、それでもないよりははるかに安心感はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です