関西では六甲や伊吹山など、都市部から日帰りで行けるスキー場が点在しています。マイカーに道具を積み込み、朝から出発してスキーを楽しむものですが、多くの場合は行き帰りに大渋滞に巻き込まれるものです。また路面が凍結していることから、スリップ事故が多いのも特徴です。しかしながら、慣れている方はマイカー以外の選択肢はなかなか考えられないでしょう。

渋滞を回避するためには、早くスキー場に到着して閉園時刻前に帰宅の途につくか、閉園後もなるべく長く残り、渋滞が落ち着いてきた時刻に合わせて帰る方法があります。翌日の仕事の時間を考慮する必要がありますが、出発を遅らせてもその後の渋滞が少ないことから、家に着くのは意外と遅くはならないものです。大きめのマイカーを用意できる場合は、帰宅後に行うスキー板のメンテナンスを車内で行うのも良い方法です。時間を潰せますし、帰宅してから就寝するまでの時間をかなり短くすることができます。

メンテナンスは毎回行うべきものですから、効率的な時間の使い方と言えるでしょう。マイカーというとあくまでも個人で行くことをイメージしますが、ツアーの形でスキー場に行くことができます。殆どは宿泊を伴うものにはなりますが、団体扱いになることで宿泊費がお得になります。リフト券や温泉施設のサービスがあることも多く、様々な特典を受けられるでしょう。

よくいく所でツアーが設定されている場合は、利用を考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です